0歳ひよこ組

日吉津ベアーズ2018年度の写真

0歳ひよこ組2018年度4月の保育日誌

4月5日(木) 天候:曇り 記録者:加川

少しずつ慣れてきて涙も減り、笑顔を見せたり、安心して保育者に抱っこしてもらったりしていた。部屋にある音の出る玩具にも興味を持ち、手に持っていた。離乳食もしっかりと口を開けて食べ、午睡時間も少し長くなった。

4月12日(木) 天候:晴れ 記録者:景山

眠くなる時間帯が決まってきて、朝少し寝てすっきりと目覚めてから、園庭に出掛けていった。抱っこで歩き回ったり、地面の砂が気になって触ったりしながら、外気浴をして過ごしていった。

4月17日(火) 天候:晴れ 記録者:景山

中期食になり、粒々とした食感を嫌がらず、喜んで口に入れたり飲み込んだりする姿が見られる。モグモグと口を動かして食べられるように声をかけたり、保育者も口を動かしてみせたりするように心がけていきたい。

4月24日(火) 天候:雨 記録者:景山

離乳食やミルクを見ると、今から食べることが分かるのか、催促するように盛んに声を発する姿が見られる。「そうだよ。マンマ食べようね」と声をかけていき、子どもの食べる意欲を受け止めていった。

 

 

もっと読む

0歳ひよこ組2018年度7月のまとめ

食事

苦手な食感のものは口から出したりぐずったりする姿が見られるようになってきた。苦手なものは無理には勧めず、楽しい雰囲気の中で食べられるように関わっていった。また、新入園児の子もつまみ食べするが、口に入れても出したり投げたりする姿があり、食べるペースもゆっくりなので、子どものペースに合わせて楽しく食べることを促していった。

排泄

おむつ交換の途中で起き上がろうとする姿があるので、玩具を持たせたり声をかけたりしながら手早く交換していき、パンツを替える心地良さを感じられるように関わっていった。

健康

食事中に便意をもよおし力んでみるが出ず、授乳後に力み始めるとミルクを嘔吐することがあった。飲んだばかりで力んだ為腹部が圧迫されてしまったようなので、排便を促してから授乳するなど、少し間をあけてから飲むようにしていきたい。

睡眠

抱っこで入眠することが多かったが布団に横になり、体をさすられながら入眠できる姿も出てきた。周囲の状況を見ながら可能な時は布団での入眠を他の保育者にも促していった。また、朝寝せずに過ごせる日も見られたりし、2回寝のリズムに移行できるような姿もあったが、その日によって色々なので様子を見ながら無理のない生活リズムで過ごせるように関わっていった。

身体発達

ずりばいからハイハイの移動に変わってきたり、つかまり立ちをしたりする姿が増えてきた。立ち上がったりしゃがんだりして棚の上に玩具をのせようとするなど体を動かして遊ぶのが楽しい様子なので、転倒に気を付けながら側で動きを見守っていった。

情緒

新入園児の子は初め全く泣くことがなく機嫌良く過ごせる姿があったが、月末頃からは家とは違う環境ということを感じ始めたのか、ぐずる姿が多くなってきた。不安な気持ちを受け止めていき、一対一でゆったりと関わりながら安心して過ごせるようにしていきたい。

言葉

保育者とやりとりする中で喃語を沢山発するようになってきた。子どもからのアピールを受け止めて言葉にして表したり、共感したりして声を発する楽しさを味わえるように関わっていった。

もっと読む